太陽光が降り注ぐ日中に屋外に行く際には、紫外線に対する予防策をとっておくことが美容のコツです。

一般的に、日焼けをすると肌が黒く焼けるだけと思われがちですが、最近ではその他にも肌に悪影響があることが指摘されています。

皮膚の色がくすんだり、そばかすがふえるのは、紫外線が皮膚の奥に到達し、肌の細胞にダメージを与えていたり、メラニン色素を増やしているからです。

紫外線が皮膚に照射される前にシャットアウトできるよう、紫外線の防止策を立てておくようにしたいものです。

日焼け止めは、皮膚に紫外線が照射され、肌が悪影響を受けないように、肌を守ってくれるものです。

日焼け止めには、クリームタイプやジェルタイプや乳液タイプなどの商品があります。珍しいものとして、日焼け止め成分をスプレーで体に吹き付けというものもあります。

様々な日焼け止めがありますので、利用する局面や時間帯も合わせて、最適なものを探しましょう。

日焼け止めにはSPFや、PAという表記がありますが、これは、どの程度の紫外線を防止できるかの数字です。

紫外線にはA波とB波という波長の異なる2種類の光があります。SPFはUVFに対してどこまで有効なのかです。

SPFが大きければ大きいほど、紫外線Bが皮膚を焼き始めるまでの時間を先送りできるようになります。

PAはUVA波を防止する力を表す数値となっていて、+の数により4段階に分かれており、+の数が多いものほど紫外線を防止できるということになります。